葬儀の支払いは費用の構成を知ることが重要

葬儀の支払いは費用の構成を知ることが重要

葬儀は遺族にとって悲しみの極地にある中で執り行われるセレモニーですから、なかなか冷静にはなれないという人もいるでしょう。葬儀会社に依頼した際には、棺桶のランクをはじめ骨壺まで、さまざまな費用について詳細な説明を受けます。しっかり聞いていたつもりでも、不安定な気持ちになっているために正確に把握しておらず、後で請求書を見て驚くこともあります。故人の冥福を祈り、最後まで心静かに見送ることができるように費用については情緒的にならず、合理的判断で臨むことが大切です。

葬儀の支払いで嫌な思いをしないための第一歩は、総費用は3要素から構成されていることを認識することです。その1は葬儀一式にかかる費用、その2は宗教者に支払う費用、その3は会葬者の接待に必要な費用です。この点を抑えておけば支払いでもめることもなく、最後まで穏やかな気持ちで故人を送ることができます。

葬儀一式とは、葬儀を執り行う際に必要な儀式や品々を指します。あくまで本体にかかる費用だけです。祭壇や棺桶のタイプに始まり、ホールのサイズ、予想する会葬者の数に応じた会葬御礼品の数の決定など、確認するべき事はたくさんあります。これらを一つひとつチェックし、それぞれの費用を積み上げて、本体だけでいくらかかるかを集計することは必須です。最近では、費用に応じてさまざまなセットプランも用意してあるので、本体にかける予算がはっきりしている場合は予算に合致したプランを選択するという方法もあります。

遺族にとって悩ましいのが宗教者に払うお金です。仏式の場合は寺院や僧侶に支払う読経料と戒名料ですが、この相場が素人には分かりづらく、しかも宗派や寺院によって大きく違うことがあるので困惑していまいます。後になって後悔することがないように、はっきり金額を聞くなり提示するなりするほうが安心できます。会葬者に対する接待費用はほとんどの場合増えると想定しておいた方がよいです。想定以上の会葬者が来た場合、当然費用は膨らむのです。

こうして確定した費用は、思いもかけず高額になってしまうことはよくあります。第1に、会社の説明が不十分か、遺族側が放心状態で正確に把握しなかったために起きる食い違いです。第2に想定外の出費がかさんでしまうことです。会社側も式の最中に予定より料金が高くなりましたとは切り出しにくく、遺族にとってもそれどころではないという心中なので、終わった後でいろんな不満が出てくるのです。

遺族側としては、ある程度の計算違いはあって当然というくらいの気持ちで構えておいて、費用の3要素をしっかり把握しておけば気分的にはかなり救われます。費用はすべてが終わって1週間以内に全額を一括支払いするのが一般的ですが、最近はローンも受け付けているケースもあるので事前に確認しておくと便利です。

最近は家族葬がよくメディアにも取り上げられます。家族やごく近しい友人だけで故人をしのぶ形式です。人気の秘訣としては費用を抑えることができる、という点はもちろんのこと、身内だけで故人との最後の時間を心置きなく過ごすことが出来るという点も挙げられるでしょう。伝統的で相互扶助的な従来型の葬儀もそれなりの良さがありますし、家族葬のようにプライベート感がある形ももよいものです。価値観が多様化している現在、葬儀のあり方やスタイルも様変わりしていきます。

お知らせ